特集:梅雨、夏の暑い時期のさっぱりするお茶

梅雨や夏の暑さ対策!さっぱりするお茶 8選

梅雨から夏の暑い盛りにさっぱりするお茶を選んでみました。
水分やミネラルやビタミンをお茶で摂って、楽しく過ごしましょう。

 

b_simple_8_0L

緑茶(Green Tea)

梅雨の時期には食中毒の予防に効果があります。飲んだ後の爽快感や殺菌効果が期待できます。他にも免疫力のアップやストレス解消や記憶の向上といった効果も科学的に証明されています。水出しで抽出するとストレスを軽減する効果をもつテアニンや免疫細胞を活性化するエピガロカテキンを効果的に摂取できます。煎茶や抹茶やほうじ茶など日本でもっともよく飲まれているお茶です。

 
b_simple_8_0L

ジャスミン茶(Jasmine tea)

爽やかで華やかな薫りで、花茶の中の女王を呼ばれるお茶です。茶葉にジャスミンの薫りを吸着させたものです。緑茶は烏龍茶や白茶が使われます。集中力をアップさせてくれたり女性ホルモンを調整してくれる働きを持っています。脂肪を落とす効果もあるので夏に向けてからだを整えるのにも適しています。ビタミンCやEやミネラルも豊富で美肌効果もあります。カフェインは入っていません。沖縄で「さんぴん茶」とも呼ばれています。

 
b_simple_8_0L

白茶(はくちゃ・しろちゃ・ぱいちゃ White tea)

中国の福建省や湖南省で主に生産されている中国茶です。水分を飛ばし、熱を加えずにゆっくり微弱に発酵させたお茶です。様々な茶の種類の中で、最も抗がん物質が多く含まれます。「白毫銀針」「白牡丹」「寿眉」の茶葉が知られています。

 
b_simple_8_0L

ミントティー(Mint tea)

清涼感のあるメントールの薫りが印象的なお茶です。殺菌作用や抗ウィルス作用があります。また発汗作用にも優れていいます。そのままミントの葉をちぎって煮出す方法と乾燥させて細かくした茶葉を煮出す方法があります。ミントの茶葉には、ブラックペパーミントやホワイトペパーミントなど様々な種類がありそれぞれ風味が異なります。二日酔いや夏バテにも効果を発揮します。

 
b_simple_8_0L

カルダモンティー(Cardamom tea)

カルダモンはスパイスの王様と呼ばれるインド原産のスパイスです。チャイとして親しまれている牛乳とシナモンと一緒に煮出して飲みます。消化促進作用もあるので食欲が落ちている人にもおすすめのお茶です。

 
b_simple_8_0L

ルイボスティー(Rooibos tea)

ミネラルが多く含まれるカフェインの含まれていないからだに優しいお茶です。南アフリカ原産で不老長寿のお茶と呼ばれています。梅雨の寝苦しい時期には安眠効果も期待できます。

 
b_simple_8_0L

プーアル茶(普洱茶 Pual tea)

梅雨の時期にはいい具合に湿気を含みよりおいしくなります。梅雨の時期の消化を助けてくれます。
老木から作られていることが多い普洱茶はミネラル濃度が極めて高くなります。また普洱茶の効果として血圧が下げたり血液循環が促すことも知られています。